アメリカでは3DCGの映画が急増

米映画業界で3D作品が急増

米映画業界で3次元(3D)作品が再び注目を集めている。デジタル技術の発達や通常の作品より多くの興行収入が見込めることが背景にある。

3DCGの映画が増えている一番の理由は、おそらくコストを抑えられるということだと思います。

例えば、実写の映画でトムハンクスを使ったら何億とかかるところを、吹き替えとして声だけで出演してもらえば、ずっと安く済むからです。

俳優や女優の拘束時間も短くなりますからね。

「シュレック」で知られるアニメ映画大手ドリームワークス・アニメーションは先週、2009年以降のすべての作品を3Dで製作すると発表した。

なんだか、こうなると役者は必要ない時代が来るかもしれないですね。。

吹き替えとして、声だけの出演だけになったり。

その他、3D作品が増えている背景として、スクリーンごとの収入が通常作品よりも3倍多いという声もあります。

実写の映画がなくなることはないでしょうが、今後は3DCGの映画が増えることは間違いなさそうですね。

そして、デジタル技術の発達により、実写と変わらない映像をCGで作る時代も来るでしょう。

「これって、本物のトムハンクス?それとも、CG??」というような会話が普通にされる時代が来るかもしれませんね。

X