海外ドラマ「LOST」の出演者は出演シーン激減もギャラは高額

「LOST」のキャスト、出演シーン激減もギャラは高額

人気ドラマ「LOST」は多彩なキャラクターが登場することで知られるが、出演者は出番が少ないことに不満を抱いているようだ。とくに、現在アメリカで放映中のシーズン3になってからはさらにメンバーが増え、舞台も数カ所になったために、1回の放送で全く登場しないレギュラーメンバーも出るようになった。

謎が謎を呼ぶドラマとして人気絶頂の海外ドラマ「LOST」ですが、アメリカではシーズン3が放送中なんですね。

僕も「LOST」にはかなりハマっている一人です。「24」以来の名作だと思います。

サイード役のナビーン・アンドリュースは、毎週7万8000ドル(約900万円)の出演料を受け取っていると言われるが、「何もせずにギャラを受け取るのは嫌いじゃないけれど、時々は仕事をしたいよね」と不満をこぼす。

週900万円ももらっているんですか!?

すごい高額ですね。。月3600万円です。

ちなにみ、僕の年収はサイード役のナビーン・アンドリュースの週給にも届きません。。

っていうか、ほとんどのサラリーマンは年収900万円ももらえないですからね。。

これだけ、人気のテレビドラマになると、ギャラも高額なんですね。

ちなにみ、チャーリー役のドミニク・モナハンもサイード役のナビーン・アンドリュースと同等の出演料を受け取っているようです。

1回の放送で全く登場しない時もあるのに、この高額なギャラ。。

ちょっと、うらやましいですね。