世界のベストSF映画ランキング

SF映画ランキング、「スター・ウォーズ」がNO.1を逃す!

英SFX誌の読者3000人による“世界のベストSF映画ランキング”の投票の結果、ジョージ・ルーカス監督による77年のシリーズ第1作「スター・ウォーズ」がナンバーワンの座を逃し、05年の「セレニティー」(日本未公開)に敗れる形となった。

「セレニティー」は日本未公開ということですが、あの「スター・ウォーズ」よりもイギリスでは評価が高い作品のようですね。

「セレニティー」はアメリカのテレビ番組シリーズ「Firefly」のスピンオフ作品ということです。


SFX誌編集者は次のように分析しています。

「映画版は魅力的なキャラクターやウィットに富んだ会話、優れたスペシャル・エフェクト効果がファンの心をとらえたのだろう」

映画「セレニティー」は日本でも見れるようになって欲しいですね。すごく観たいです。

ちなみに、「世界のベストSF映画ランキング」トップ10は以下の作品が選ばれました。

1位:セレニティー(2005)
2位:スター・ウォーズ(1977)
3位:ブレードランナー(1982)
4位:猿の惑星(1968)
5位:マトリックス(1999)
6位:エイリアン(1979)
7位:禁断の惑星(1956)
8位:2001年宇宙の旅(1968)
9位:ターミネーター(1984)
10位:バック・トゥ・ザ・フューチャー(1985)

僕は1位の「セレニティー」と7位の「禁断の惑星」だけはまだ観たことがないですね。