パリス・ヒルトンが刑務所に再収監へ

再収監「こんなのおかしい!ママ!」 ヒルトン受刑者、泣き叫ぶ

酒気帯び運転による免許停止中に運転したとして有罪判決を受け、収監、釈放を繰り返している米タレント、パリス・ヒルトン受刑者(26)に対し、ロサンゼルス郡地裁は8日、刑務所に戻った上で残された刑期を終えるよう命じた。

「健康上の理由」でたったの3日で刑務所を仮出所したパリス・ヒルトンですが、これにはアメリカ中から非難があったようですね。

そして、判事から裁判所に呼ばれ、刑務所へ再収監へ。

この判決が出た時、パリス・ヒルトンは「こんなのおかしい!お母さん!」と泣き叫んだそうです。

ヒルトン受刑者の処遇を自宅謹慎に切り替えたのは、刑務所を管轄するリー・バカ郡保安官。これまでも有名人や知人の特別待遇疑惑で批判を受けており、今回も「特別待遇」だと非難がわきおこっていた。

有名人だとかセレブだとかで、一般の人と違う待遇をするのは、やはりおかしいと思います。

パリス・ヒルトンは現在、食事や睡眠を取っておらず、向精神薬を投与されてそうです。

そして、「刑務所の中に居ることはこれまでで一番辛い経験。ここ数日間は考える時間がたくさんあり、この経験から学び、成長していると思う」と語っているそうなので、しっかりと刑務所生活を全うして、一回り大きくなって帰ってきて欲しいと思います。

そうすれば、自分は特別で何をやっても許されるという傲慢な態度はちょっとなくなるのではないでしょうか。

X