裕木奈江がデビッド・リンチ監督の最新作に出演

あの裕木奈江が全米進出…鬼才リンチ監督大抜擢

女優の裕木奈江(37)が、14日から公開される鬼才デイヴィッド・リンチ監督の最新作「インランド・エンパイア」のラストシーンに重要な役で出演している。

裕木奈江さんって、もう37歳なんですね。

なんとなく、不思議な魅力のある女優さんです。

クリント・イーストウッド監督の映画「硫黄島からの手紙」に出演していましたが、デイヴィッド・リンチ監督の最新作「インランド・エンパイア」にも出演するんですね。

国際派女優の道まっしぐらですね。

アイドル歌手としてデビュー後、映画、テレビ、舞台などで活躍していたが、2004年に文化庁の在外研修員としてギリシャ留学をした後、日本では、ぷっつりと消息が途絶えていた。

なんとなくですけど、裕木奈江さんは、日本での活動が居心地が悪く感じている印象がある女優さんです。

以下、貴重な(?)裕木奈江さんのインタビューです。

リンチ映画との出合いをこう語る。

「リンチがこの何年か、自分のホームページで短い映画を撮って発表しているのは、知っていました。ある時、アジア人のエキストラが欲しいという情報が入り、すごいファンだったし、友達と3人で出かけたんです。が、私の部分だけカットされてしまった。でも、撮影の後、リンチにあいさつに行くと、ジッっと見て、“君はジャパニーズ・ホームレス・ガールを演じることに興味があるかい?”って言うんです。もちろん、答えはイエスでした」

裕木奈江さん、「インランド・エンパイア」では日本人ホームレス役で出演するんですね。

「監督から間もなく、私の家にファクスに3ページもの長い英語のセリフが入ってきました。当日、現場に行くと、いきなり洋服を汚され、デジタルのカメラで、リンチを含む3人が私を撮り始めました。このへんまでかな-と思っても終わりのサインはない。結局、全部のシーンを撮って、それはすべて使われていました。ラストのローラ・ダーンとからむ8分のシーンでした」

「日本では、なんでもはっきり言うので、バッシングされることも多かったと思う。でも、私ももう37歳です。世界を視野に入れて、このアメリカでは、アジアの女優としてでなく、日本人の女優としてやっていきたい」

がんばって欲しいですねー。裕木奈江さんには、この他にも2作のオファーが入っているようです。