映画「踊る大捜査線 THE MOVIE3 ヤツらを解放せよ!」が10代を取り込むためにやったこと

人気ドラマの映画化を公開する時、そのドラマの過去の放送を再放送するのはテレビ局の常套手段です。

それを見た人がそのドラマに興味を持って、「映画も見てみたい!」と思わせるためです。

しかし、7月3日から公開された「踊る大捜査線 THE MOVIE3 ヤツらを解放せよ!」では、今まではとは違う方法がとられました。


以前までは、再放送は平日の午前中や午後に放送することが一般的でした。

しかし、「踊る大捜査線 THE MOVIE3 ヤツらを解放せよ!」では、前作のブームを知らない10代を取り込むことを狙い、土曜日の午後に過去の連ドラを再放送しました。

その結果、平日は通学中で見られない10代を取り込むことに成功しました。

また、3作目へとつながる全12話のオリジナルストーリー「係長 青島俊作 THE MOBILE 事件は取調室で起きている!」をNTTドコモ土がで配信しました。

これも10代の動員に一役買ったようです。

再放送を土曜の午後に放送し、携帯向けのドラマを配信したことで、前作までの大ブームを知らない10代を取り込むことに成功したのです。

この夏、「踊る大捜査線 THE MOVIE3 ヤツらを解放せよ!」は大ヒットすること間違いなしですね。

踊る大捜査線 コンプリートDVD-BOX (初回限定生産)
踊る大捜査線 コンプリートDVD-BOX (初回限定生産)

踊る大捜査線 THE MOVIE [Blu-ray]
踊る大捜査線 THE MOVIE [Blu-ray]