「ROME(ローマ)」DVD BOXは絶対観た方がいいです!

ずーと観たいと「ROME(ローマ)」ですが、年末年始にまとまった時間がとれたので、「ROME(ローマ)」DVD BOXを購入して、1話から24話まで一気に観ました。

ROME [ローマ] 〈前編〉 [DVD]
ROME [ローマ] 〈前編〉 [DVD]

ROME [ローマ] 〈後編〉 [DVD]
ROME [ローマ] 〈後編〉 [DVD]

このDVD、絶対に買って観た方がいいです!

とにかく内容が最高です。そして、なんといっても値段が安い!

1枚のDVDに2話入っており、前編と後編で合計12枚のDVDで、24話の物語になっています。

でも、前半が1,834円、後半が1,944円なので合計3,778円です。

200億円もかけて作った超大作がたったの3,778円で購入できてしまうのです。

売り切れる前にゲットして欲しいですね。

YouTubeにトレーラーのような動画があったので貼り付けておきます。

DVDには特典映像として「ギャラリー」があるので、ここでは

・キャラクター紹介
・メイキング
・ローマ社会の成り立ちについて
・クレオパトラの存在について

などの紹介があります。

この「ギャラリー」を観るだけで、歴史的なローマ時代について詳しくなれます。

また、ローマ時代とえば、紀元前から紀元後ですが、この時代の人間はすごく野蛮なんですね。。

いろんな意味で野蛮というか、野生というか、本能的に行動しています。

考えれば、この時代にはインターネットはもちろん、テレビも新聞もありません。

食べて生き残ることに必死な時代です。

そして、階級社会です。

人間が当たり前のように「奴隷」として売り物になっている時代です。

そんな時代をかいま見るだけでも価値があると思います。

また、勝ち残る人間とはどんな人間なのか?ということも、なんとなく感じることができます。

僕はDVD「ROME(ローマ)」を観て、さらにローマ時代について知りたいと思いました。

アマゾンで調べてみると、塩野 七生さんの「ローマ人の物語」を読んでみたいと思いました。

ローマ人の物語 (1) ― ローマは一日にして成らず(上) 新潮文庫
ローマ人の物語 (1) ― ローマは一日にして成らず(上)    新潮文庫

この本、現時点で40巻まであるんですね。。でも、たぶん、まだ続きがあると思います。

詳細は新潮社の塩野七生「ローマ人の物語」にて。

あとは、やはりローマ時代は王に対するクレオパトラの存在が大きかったんですね。

カエサルもアントニウスもクレオパトラとの関わりを持っています。

僕はクレオパトラにも興味津々になってしまいました。

今度、この映画を観てみたいと思います。

クレオパトラ [DVD]
クレオパトラ [DVD]

この映画も制作費290億円、製作期間が4年7ヶ月の大作です。

250分もあるので、長い映画ですね。

クレオパトラについてザックリ知りたいなら、この本がオススメです。

クレオパトラ―エジプトさいごの女王 (講談社 火の鳥伝記文庫 91)
クレオパトラ―エジプトさいごの女王 (講談社 火の鳥伝記文庫 91)

「歴史は繰り返す」とよく言いますが、ということは「過去を知ることは未来を知ることになる」ということです。

僕は歴史に対する好奇心が旺盛なので、この映画は本当に興奮しながら観ることができました。

すごくオススメな映画です!

ROME [ローマ] 〈前編〉 [DVD]