蒼井優主演の「百万円と苦虫女」がやけにリアルに感じる

ひかりTVに加入してからというものの、毎日のように映画を見ているわけですが、今度は蒼井優主演の「百万円と苦虫女」を見ました。

百万円と苦虫女 [DVD]
百万円と苦虫女 [DVD]

アルバイトして100万円が貯まったら別の町に引っ越すことを繰り返す21歳の女性を描いた映画です。


これって、今の時代をかなりリアルに描いている映画なのではないでしょうか?

けっこう、こういう人って多いんじゃないかなって思います。

僕も含めて誰でも他人との関わりがうまくできなかったり、面倒に感じることってあると思うんですね。

蒼井優演じる鈴子は短大を卒業したけど就職できずにアルバイト生活を送る日々。心を許せる友達もあまりいません。

これがまずリアルですよね。こういう子って多いですよね、今。

そして、不慮の刑事罰を犯してしまい、実家にいずらくなり、100万円を貯めたら実家を出ることを決意します。

最初は海の家でリゾートアルバイト。

器用な鈴子は上手にかき氷を作ることができほめられます。

現地のナンパな男子たちに声をかけられますが、鈴子はなるべく人とは関わらないようにします。

そして、100万円貯まったら、次は山に行きます。

桃の産地で住み込みで桃狩りの仕事をするのです。

器用な鈴子はここでも上手に桃をもぎます。

そして、現地のPRするために「桃娘」としてテレビに出てくれと頼まれますが、前科がある自分に負い目を感じている鈴子は断固いやがります。

そして、今度は地方都市に引っ越します。

ここでやっと心を許せる男性と出会い、付き合うことになりました。

しかし、その男性はやたらと鈴子にお金を貸して欲しいと言います。

孤独に戻りたくない鈴子は頼まれるとついついお金を貸してしまいます。

しかし、彼氏が鈴子にお金を借りる理由を鈴子は知りませんでした・・・。

こんな内容の映画なのですが、純粋によく3回も100万円を貯めたなと思いました。

すごい節約力ですね。

まぁ、人とほとんど関わらない生活なので、交際費がほとんどかからないのでしょうね。

それと、鈴子のことを軽蔑していた弟が徐々に鈴子を唯一頼る人物と変わっていくのが印象的でした。

すごく共感できる映画でしたね。

楽天レンタルで「百万円と苦虫女」を借りよう

ひかりTVで映画三昧な生活をする

映画『百万円と苦虫女』公式サイト